生産管理に向いている人の特徴は?業務内容や資格を紹介

2023年12月11日更新

生産管理に向いている人の特徴は?業務内容や資格を紹介


生産管理の仕事はどんな人に向いているのでしょうか?このコラムでは、生産管理という言葉を初めて聞いた人でも理解できるように、業務内容から向いている人の特徴まで詳しく解説していきます。自分に合った仕事を見つけるために、ぜひ読んでいってください。

生産管理の業務内容

生産管理の業務内容は、生産プロセスを最適化し、製品の供給を確保するなど、生産工程全体をコントロールし、効率的な生産を実現するための仕事です。具体的には生産計画策定と管理、在庫管理、品質管理、生産ラインの効率化、原材料調達、コスト管理、安全管理、社内外の調整、品質改善活動、需要予測と受注計画などが含まれます。

以下にその主な業務内容を記載します。

生産計画から品質管理まで生産工程に関わる

生産管理業務は、生産計画から品質管理まで、生産工程に関わる全体の管理を行います。具体的には、需要予測に基づく生産計画の策定や生産スケジュールの管理、製品の品質基準の確立と品質管理生産ラインの効率化などを担当します。これにより、生産プロセス全体のスムーズな遂行と、高品質な製品の提供を実現します。

社内外の調整役

生産管理には、社内外との円滑なコミュニケーションが必須の業務です。

生産計画やスケジュールの調整を他部門と行い、また外部の取引先との連携も担当します。これにより、生産に必要なリソースや情報を適切に確保し、生産プロセス全体を円滑に進行させます。社内外の連携を通じて、効率的な生産体制の構築とスムーズな生産活動を実現します。

需要予測

生産管理業務において需要予測は重要な業務の一つです。市場の動向や競合他社の動向を分析し、将来の需要を予測する活動です。過去の売上データや需要のトレンドを考慮し、販売計画や生産計画の立案に役立てられます。正確な需要予測は在庫の適切な管理や生産の最適化に重要な役割を果たし、企業の収益や顧客満足度に影響を与えます。

コストを抑えるための価格管理

コストを抑えることも生産管理の大事な業務です。具体的には、原材料の調達価格を最適化したり、生産プロセスを見直し・効率化したりして製造コストを削減したり、品質管理を強化して不良品によるコストを低減したりします。これらを通じて生産全体のコストを最小限に抑えるために、価格管理をしています。

生産管理に向いている人の特徴

生産管理の業務内容に触れてきました。それでは、どういった人が生産管理に向いているのでしょうか?向いている人の特徴として以下の点が挙げられます。

ものづくりが好き

ものづくりが好きな方は、生産管理に向いていると言えます。

生産管理は製品の一貫生産を見守る仕事です。
つまり、様々な影響を考慮して、具体的な製品に形を変えていく過程をコントロールして監督する仕事です。なので、製品が完成していく様子に喜びや達成感を感じられる方は、生産管理の仕事に向いていると言えます。

全体俯瞰が得意

生産管理業務は、生産ラインの各ステージを一貫して監視し、効率的に連携させる役割を果たします。そのため、各部門の作業を全体的に理解し、それらがどのように相互に関連しているかを把握する能力、つまり全体を俯瞰する能力が重要になります。

仕事を広い視野で見ることができる人は、生産管理の仕事で能力を発揮できるでしょう。

コミュニケーションを取ることが得意

生産管理者は、生産部門、販売部門など、企業内の様々な部門と連携する必要があります。そのため、人々と円滑にコミュニケーションを取り、良好な関係を維持・発展させる能力が求められます。

他人と積極的に関わることができる人は、生産管理でも問題なく働けるでしょう。

学びながら仕事がしたい

生産管理者の仕事は、問題解決の為に常に新しい技術最善の手段を求められます。
問題が発生した際は、その原因を見つけ出し、効率的な解決策を決断していく必要がありまうす。その為には、常に新しいことを学び、実行していくことが大切です。

幅広い知識を常に吸収し続ける意欲のある人は、生産管理の業務が向いていると言えるでしょう。

生産管理に必要な資格

生産管理に必要な資格は特にありません。

しかし、生産管理の仕事をする上で持っておくと便利な資格がいくつかあるので、紹介します。

・生産管理オペレーション

物流や在庫管理、設備管理などに関する知識を問う試験

・生産管理プランニング

製品企画や生産システムなどに関する知識を問う試験

・生産管理

生産管理の基礎知識や全体像を問う試験

・中小企業診断士

中小企業の経営課題に対応するための知識を問う試験

生産管理の魅力

生産管理の魅力は、製品が生まれる過程全てに携われることです。具体的には、ものが作られる工程を直接見ることができる点や、自身が関与した結果として効率的な生産が達成できた瞬間を体験できる点などです。

ものづく入りにはたくさんの人が関わっています。それゆえ、様々な問題や障害が必ず発生します。それらの問題を解決し、自分の力でスムーズな生産へ導いていくのが生産管理の大宜味です。また、全社を俯瞰する視点を持つようになるので、経営に対する理解を深めることもできます。

転職ならジョブ派遣!

生産管理に興味がある方は、ぜひ「ジョブ派遣」をご活用ください。製造の仕事を数多く扱っております。

ジョブ派遣は、派遣会社(株式会社日輪)が運営している求人サイトで、製造業・派遣社員のお仕事を中心にご紹介しています。日輪は、各地域にリクルート専任スタッフを配備し、出張面接から赴任サポートまで一貫対応。独自の研修もご用意していますので、工場勤務が初めての方も安心してご応募いただけます。

生産管理をはじめとする工場の求人情報はジョブ派遣で探すのがおすすめです。ジョブ派遣なら、あなたの経験やスキルを活かして活躍できる場所を見つけることができます。

まとめ

生産管理者は業務内容が幅広く、難しい仕事ですが、やりがいがとてもある仕事です。生産管理として働くには、ある程度の知識・技術が求められますが、向いている人にとっては働きやすい環境で働けると言えるでしょう。

このコラムを参考に、向いていると感じた方は、是非生産管理の仕事にチャレンジしてみてください。

関連ページ
banner banner
この記事を読んだ方に
\オススメの求人はこちら/
                                                                                                                       求人情報をもっと見る