派遣会社にも寮はある?社員寮との違いやメリット・デメリットを徹底解説!

2024年5月15日更新

社員寮とは?派遣寮との違いは?メリット・デメリットを徹底比較!

短期集中で稼ぎたい人や貯金をしたい方にとって、社員寮に入れる仕事は魅力的でしょう。しかし、寮生活が初めての方は「寮ってどんな感じ?」「間取りや設備は?」など、気になることも多いはずです。今回は、社員寮の特徴やメリット・デメリット、派遣寮との違いなどについて解説していきます。

派遣社員とは?

派遣社員は、派遣会社に雇用される形態で、様々な業界の企業に一定期間派遣されて業務を行います。派遣社員は直接企業と雇用契約を結ぶのではなく、派遣会社と労働契約を結び、その会社がクライアント企業に彼らを派遣します。

このため、雇用の安定性や福利厚生などが直接雇用と異なることがありますが、多様な職場で経験を積む機会があるため、キャリアアップにつながる場合もあります。派遣社員の働き方は柔軟であり、特定のプロジェクトや期間限定での仕事が多く、職種も多岐にわたります。

派遣会社の種類

派遣会社にはいくつかの種類があり、それぞれが異なる特徴を持っています。

  1. 一般労働派遣会社:最も一般的な形態で、様々な職種に対応する派遣社員を提供します。これには事務、技術、製造業務などが含まれます。
  2. 専門労働派遣会社:特定の専門分野、例えばIT、エンジニアリング、医療、教育などに特化して派遣社員を提供する会社です。
  3. 短期労働派遣会社:短期間のプロジェクトや季節的な需要に応じて派遣社員を提供する会社。
  4. アウトソーシング会社:企業の特定の業務プロセス全体を引き受け、その業務を遂行するための派遣スタッフを提供します。
今すぐ製造工場で働くには?

製造工場の仕事に興味がある方には、派遣という働き方がおすすめです。
派遣には製造工場のお仕事がたくさんあり、すぐに仕事を始めることができます。
更に、派遣の魅力の一つは、未経験OKであっても世界的有名な大手メーカーで勤務することが可能なことです。

他業界から製造業へのキャリアの転身には、派遣の求人を!
>>製造工業ですぐに働こう!未経験OKな求人を見てみる

派遣でも寮はあるの?

派遣社員にも寮が提供される場合があります。特に、製造業や建設業などの物理的に労働集約的な業界や、地方への長期派遣が伴う場合には、企業や派遣会社が寮や社宅を提供することがあります。

これは派遣社員の働きやすさを向上させ、離職率を低下させるための一環として行われることが多いです。ただし、寮が提供されるかどうかは派遣会社の方針や派遣先の企業の条件により異なります。

そもそも社員寮とは?入寮は義務?

社員寮は、企業が社員のために用意する住居のことです。独身の社員や単身赴任中の社員のために提供される社員寮のほか、工場で働く社員向けの社員寮もたくさんあります。特に、大規模な工場は非常に多くの人員を必要とするため、地元の人だけでなく、全国の求職者にアプローチする必要があります。遠方の人も安心して転居して働けるよう、寮を完備している工場は少なくありません。

なかには、新入社員や独身社員に入寮することを義務付けている会社もありますが、ごく稀です。通常、寮に入るかどうかは本人が自由に選択できます。自宅が近い人は寮に入る必要はありませんが、家賃の負担を減らしたいという人は、自宅が近くても寮に入るメリットがあるでしょう。また、会社の人と同じ場所に住むのに抵抗がある人は、寮に入らないという選択もできます。

社員寮の種類

社員寮には、いくつかの分類があります。まず「誰向けの寮なのか?」という観点で、「独身寮」「単身赴任寮」「家族寮」「女子寮」などに分けることができます。独身寮は独身者向け、単身赴任寮は単身赴任者向けの寮です。また、社員の家族も一緒に住むことができる家族寮もあり、2DKや2LDKなどの間取りになっています。女子寮は文字どおり、女性だけが入居できる寮のことです。

また、「誰が保有している寮なのか?」という観点で、自社寮と借り上げ寮に分けることができます。自社寮は、物件自体を会社が所有している寮のことで「トイレ・お風呂共同」「食堂完備」「水道光熱費無料」であるのが一般的です。一方、借り上げ寮は会社が一般の賃貸物件を1棟丸ごと借り上げて、寮として社員に提供するタイプです。多くはワンルームのマンションやアパートで、各部屋にトイレや浴室があり、水道光熱費は使った分だけそれぞれの入居者が負担するのが一般的です。

社員寮と派遣寮の違いとは?

社員寮は、会社が自社の社員のために用意する寮のことです。一方派遣寮は、派遣社員のために派遣会社が用意する寮のことです。一般的な企業の社員寮には同じ会社・工場で働く人しかいませんが、派遣寮の場合、派遣先の会社・工場は人によって異なるため、様々な職場の人が暮らしているのが通常です。また、社員寮は職場の近くにあることが多いのに対し、派遣寮は様々な職場の人が暮らしているため、必ずしも自分の職場に近いとは限りません。

社員寮に入るメリット・デメリット

社員寮に入るメリット

社員寮に入る最大のメリットは、住居費の負担が少なく済むことでしょう。社員寮の寮費は無料、もしくは格安であり、なかには水道光熱費が無料のところもあります。住居費や水道光熱費の負担が減ると、生活が楽なものになるだけでなく、貯金を増やすこともできるはずです。

また、社員寮は通常、職場の近くにあるため、通勤時間も短縮されます。満員電車のストレスがなく、プライベートの時間を確保しやすいのも社員寮に入るメリットだと言えるでしょう。

社員寮に入るデメリット

社員寮では同じ会社・工場で働く人が暮らしているため、仕事が終わって帰った後や休みの日にも上司や同僚と会うことがあります。顔を合わせたときは、どうしても仕事の話になりやすいので、寮にいるときも「仕事感」が抜けず、プライベートな時間を満喫しにくいという人もいます。仕事とプライベートを完全に切り分けたい人にとって、社員寮はストレスの原因になるかもしれません。

また、社員寮はトイレやお風呂、洗濯機などが共同のケースもあります。そのため、自分が使いたいタイミングで使えないなど、不便を感じることもあるでしょう。

派遣寮に入るメリット・デメリット

派遣寮に入るメリット

派遣寮も通常の社員寮と同じく家賃が安価です。さらに、生活に必要な設備・家電が備え付けられている寮も多くあります。住居費を大幅に削減でき、自分次第で貯金を増やすことができるのは派遣寮の大きなメリットだと言えるでしょう。

また、プライベートな時間を満喫できるのは派遣寮ならではのメリットです。派遣寮は個室タイプの部屋が多く、住んでいる人も別の職場で働いている人がほとんどです。寮で同じ職場の人に会うことも少ないので、一般的な賃貸物件と同じようにプライベートの時間を満喫することができるでしょう。

派遣寮に入るデメリット

派遣寮によっては、秩序ある生活を維持するために門限や外泊許可など、様々なルールを設けている場合があります。門限が早い派遣寮だと、休みの日でも遠くに足を伸ばせないなど不満を感じることもあるでしょう。また、友人や恋人を招くのを禁止している寮もあります。このように厳格なルールがある派遣寮の場合、それがストレスになる可能性も考えられます。

その他、間取りを選べないことや自分のお気に入りの家電・家具を使えないことなどをデメリットに感じる人もいるかもしれません。

社員寮・派遣寮にはいつから住める?

社員寮や派遣寮に住めるタイミングは、通常、雇用が開始されると同時、または雇用開始直後に設定されることが一般的です。

しかし、寮の利用開始日は派遣会社や雇用する企業の方針、寮の空き状況によって異なる場合があります。一部の企業では、入社後の試用期間を終えてから寮に入れるケースもありますので、具体的な入居可能日は就職・派遣契約を結ぶ際に確認することが重要です。

社員寮・派遣寮に住む前に確認すべきポイント

社員寮や派遣寮に入居する前に確認すべきポイントは、入居条件、寮費の詳細、寮の設備やルールなどが含まれます。これらを事前に確認することで、生活の準備や期待の調整がスムーズに行えます。

ポイント1:入居条件の確認

寮に入居するための具体的な条件を確認することが重要です。これには年齢制限、性別、家族構成の制約などが含まれることがあります。また、寮費が給与から自動的に引かれるのか、または別途支払いが必要なのかも確認が必要です。

ポイント2:寮の設備とサービス

寮の部屋の大きさ、共有設備(キッチン、ランドリー、リビングなど)、インターネットの有無、その他のサービス(清掃サービス、セキュリティ、レクリエーション施設等)について確認しましょう。これにより、日常生活のニーズに合った環境かどうかを判断できます。

ポイント3:寮のルールと制約

寮生活におけるルールや制約を事前に理解しておくことも大切です。訪問者の受け入れ規制、騒音や夜間の行動に関するルール、ペットの持ち込み禁止など、寮の共同生活におけるルールがどのように設定されているかを把握しておく必要があります。

社員寮・派遣寮の退去はいつまでに行うべき?

社員寮や派遣寮からの退去期限は、一般的に雇用契約が終了するタイミング、または契約が更新されない場合に設定されます。退去日は通常、雇用終了日またはその直前までに設定されることが多いですが、企業によっては退去に必要な通知期間が定められていることもあります。そのため、退去する際には事前に十分な通知を行い、移行期間をスムーズに過ごせるように計画を立てることが重要です。

寮に入ってお金を貯めよう!

工場派遣のお仕事は寮が用意されている場合が多いです。
入る寮は完全個室のワンルームで一般的な賃貸のアパートと変わらない感覚で住むことができます。
寮に住むことは生活費を抑えることに繋がります。

しっかり貯めたい方に入寮はオススメです。
>> 赴任費支給&家具家電付き/寮ありの求人一覧

寮あり&寮費無料の求人なら「ジョブ派遣」にお任せ!

寮に入れる仕事を探している方は、ぜひ「ジョブ派遣」をご活用ください。ジョブ派遣は、派遣会社(株式会社日輪)が運営している求人サイトで、製造業・派遣社員のお仕事を中心にご紹介しています。

ジョブ派遣は寮に入れる求人も多く、以下を基本とした寮をご提供しています。

  • 引っ越し費用無料
  • 赴任費無料
  • モバイルWi-Fiレンタルサービスあり
  • 家具・家電付き
  • トイレ・風呂別

※寮によっては待遇・条件が異なるところもありますので、詳しくはお問い合わせください。

日輪は、各地域にリクルート専任スタッフを配備し、出張面接から赴任サポートまで一貫対応。独自の研修もご用意していますので、工場勤務が初めての方も安心してご応募いただけます。

寮ありの工場派遣求人や寮費無料の工場派遣求人は、ぜひ以下でチェックしてください。

まとめ

短期間でがっつり稼ぎたいなら、寮に入れる派遣の仕事を選ぶのがおすすめです。寮が用意されていれば、自宅から通えるかどうかにかかわらず全国の求人を選択肢にすることができるので、そのぶん給料・待遇の良い仕事を見つけやすくなるでしょう。

高収入の工場求人なら、製造品出荷額等が全国1位の愛知県で探すのが良いでしょう。愛知県にはトヨタやデンソーなど世界的にも有名なメーカーがあり、関連企業の工場が数多く建ち並んでいるため、他の地域に比べ好条件の仕事が見つかりやすいはずです。

banner banner
この記事を読んだ方に
\オススメの求人はこちら/
                                                                                                                       求人情報をもっと見る
 

執筆・編集

株式会社日輪コンテンツ編集チーム
株式会社日輪コンテンツ編集チームは、製造工場に関する情報を発信する専門チームです。工場で働くための資格や仕事内容、面接のコツなど、求職者に役立つ情報を提供しています。
株式会社日輪は、東海三県を中心に全国で展開し、製造・物流・技術・事務など多分野への人材派遣と業務請負に携わっています。