食品工場と自動車部品工場どちらがイイ?

2022年08月22日

食品工場と自動車部品工場どちらがイイ?

目次

食品工場とは?

食品工場とは、弁当やお菓子等の食品を製造する工場の事です。

例えば、スーパーの冷凍食品がその一つです。
料理が苦手だから働けない、という方も多くいると思います。

しかし、工場内は単純な流れ作業がほとんどです。
結論、料理が出来なくても全く問題ありません!

食品工場はどんな作業をするの?

ライン作業がほとんどですが、中には野菜やフルーツをカットしたり、盛り付けをしたりと作業する工程により様々な業務があります。

例えば、コンビニ弁当を作る工場であれば盛り付けや調理、
また材料カット等の工程に分かれて作業します。
また、機械で製造し出てきた製品を不良品が無いかチェックしてはじく検査作業があったりもします。
その後は、箱詰めや出荷作業まで工程を分担して作業します。

食品工場は厳しいの?

食品工場全般に言える事ですが、一番厳しいと感じる部分が衛生管理となります。
髪の毛一本の混入さえ許されない為、作業する人全員が帽子・白衣・手袋・マスク、あるいは、長靴等の着用となります。

作業も立ち仕事で、動く作業が少ない特徴があります。

例えば選別の仕事だと、同じ位置で立ちっぱなしの作業が続きます。
そのため、足がむくんでしまうので毎日のケアが重要となります。

しかし、作業自体は難しい作業が少ない為、慣れてしまえば長く勤務する方が多い事も事実です。

食品工場の給与の実態は?

食品工場の給与については、労働環境にくらべ比較的安い労働賃金の所が多いです。
例えば愛知県の食品工場の平均時給は¥1199
逆に、自動車部品製造の平均時給は¥1426となっています。

ちなみに、給与が安い分勤務時間や勤務形態に融通が利く利点があります。

自動車部品工場とは?

自動車品工場は食品工場とは違い、扱う部品の大きさが大きく、しかも重い部品が多くあります。

さらに、肉体的な疲れや工場特有の臭い等、労働環境の違いが一番大きな所となります。

通常2交替(昼勤・夜勤の交替勤務)や3交替の勤務など長時間の労働となるケースが多い分、労働条件が高い金額となっています。

まとめ

食品工場、自動車部品工場と工場の中でも人気の2職種を見てきましたが、どちらも良い所、悪い所がありますね!
不規則な勤務時間にも耐える事ができる方や少しでも高い労働条件で勤務したい方については、自動車部品工場。
家庭の事情や労働時間の制約がある方等は食品工場で仕事を探してみると、自分にぴったりのお仕事が見つかるかもしれません。

結論としては、自分の環境に合った仕事を見つける事が長く務める一番のポイントです。
好条件や高収入に飛びつくのでは無く、しっかりと自分に合っているお仕事を見つけて下さいね!

banner banner